はじまり方がなんとも暗い「ナツメグとまほうのスプーン」 作:デイヴィット・ルーカス

IMG_9616

てをつなぐんだ!

「○歳おすすめ絵本」で出てこない絵本も紹介したい

そもそも、どんな絵本を読んだらいいのかなと思ってwebで探すにも、出てくる本はだいたい一緒で、だから、えほんママとパパとみっちゃんが実際に読んだ絵本を紹介していこう。そうしたら、へーこんなの2歳でも楽しめるの?とか、思ってくれる人もいるかな?と思って始めたブログだったりするのですが

どうやら紹介してる本、
えほんママの好みでしかない。

と思いつつ、たくさん紹介していけば、色んなジャンルも増えていくだろうということで、しばらく、えほんママ好みのえほん紹介です。おんなじ絵本が好き!っていうママさんやパパさんと出会えたらいいなー、オススメ聞きたいなー、なんて思ってます。

はじまりかたが衝撃的な絵本を紹介します

今日はこちら。
IMG_9616
「ナツメグとまほうのスプーン」
作:デイヴィット・ルーカス 訳:なかがわちひろ 偕成社

この絵本。衝撃のはじまり。
だって、朝ごはんに食べているのはあれ
昼ごはんに食べているのはあんなの
夜ごはんに食べているのはそれなのー?
IMG_9615

えー、なんだか暗いー。

それが、えほんママのこの本の第一印象でした。だって、そんなもの食べてるって、どういうこと?そもそも食べられなくない?え、夢なのー?不可思議すぎるんですもの。だけど、お話が進むにつれて彩りが出てくるので、まずはそのまま読み進めてみてくださいね。

主人公ナツメグの3つの願いは

主人公のナツメグは、そんな暗い家から「散歩にいく」と出かけた先で見つけた小瓶の中から出てきた大男に出会って3つだけ願い事をかなえてもらう。ん?なんかちょっと聞いたことがあるようなお話。ナツメグは、願い事なんて急に言われても…と思うのだけれど、大男に急かされて3つの願い事をします。そこで大活躍するのがタイトルに出てくる「まほうのスプーン」なわけです。

えほんママだったらどんな願い事をするかな。ナツメグみたいに、えー急に言われてもー。だな。それで、宝くじが当選する!とかそんなこと言っちゃうのかも。なんだかつまらない夢だなぁ。みなさんだったらどんな願い事をしますか?3つですよ。考えてみて!

みっちゃんのお気に入りのシーンは

願いをかなえてくれるこの「まほうのスプーン」。このスプーン、なんだかニコニコしていてかわいくて、一つ目の願い事はなかなかすんなりと叶えてくれるのだけれど、まほうのスプーンが家の中をぐっちゃぐちゃに。そして海までぐっちゃぐちゃにかき混ぜるシーンがあって、そこでニコデマスおじさんが言うんです。

「手をつなぐんだ!」

そういうもんだから、えほんママもみっちゃんもえほんパパも、その場面ではぜったい手をつなぐ。ママかパパ、どちらかが何か他のことしていても呼ばれます。そして3人で手をつないで次のページまでそのまま。

最初はそれだけだったのだけど
IMG_9614
みんなこんなに無表情だものだから、みっちゃんがこれを真似するようになった(笑)鼻の下を伸ばして口は少しだけ空いていて、ぬぼーーみたいな顔をする。そして片足をピンとあげて片足立ちをする。もう、その姿がおかしっくってかわいくってたまらないのです。

そんな姿がおかしくてひと笑いするのだけれど、次のページに進むと何事もなかったようにみっちゃんはママとパパの手を放す。そこがなんだかちょっとさみしいのですが。

ワクワクそしてやわらかい、そんな終わり方の絵本です

我が家ではそんな楽しみ方をしているこの本ですが
お話だけじゃなくて、ページがね、単調じゃなくて
大きくつかったり小さくつかったりしていて読みながらワクワクする絵本。

3つ目の願いはどうやって叶うのかなーと
そんな余韻を残しつつ終わっていくやわらかな絵本です。

だから最初の、朝ごはんや昼ごはんや夜ごはんが
なんだかとんでもないことになっているページであきらめないで
ちゃーんと読み進めてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大